風俗行き過ぎて金欠

良い子。それだけですよ

あれだけ良い子だと、こっちも恐縮と言うか、風俗であれだけ良い子とはあまり巡り合った記憶がないんじゃないのかなって思いますよね(笑)だって風俗って基本的にはサービス業じゃないですか。これはもう誰が何と言おうと変わらない不文律だと思うんですよ。だから風俗嬢たちは基本的にとっても優しいんです。でも彼女は、それを営業だからとか、仕事だからと言った雰囲気を微塵も出さないし、プレイも積極的。ひと時の間ではありますけど、彼女は風俗嬢なんじゃなくてプライベートで遊んでいる相手なんじゃないかと錯覚させられるほどでしたよね(笑)つまりはそれだけ相手への距離感が近付いたってことでもあると思うので、自分自身、とっても楽しい時間になったのは言うまでもありませんし、思いの外楽しめたってだけでも、足を運んで大満足することが出来ました。それに、まだまだ風俗の世界には自分の知らない魅力的なタイプの子がいるものだなってことも分かりました。

ちょっとリアルだなって思った

自分にとっては非日常的な時間ですけど、風俗嬢にとってはお仕事。これは紛れもない事実というか、客観的事実ですし、風俗嬢にとっては仕事だからこそ、次第に慣れていく部分もあると思うんですよね。これはもう当たり前というか、仕事はどんなことであれ、慣れていけば次第に楽だなって思えてくるものだと思うんですよ。だからこそ、新人風俗嬢が貴重だという声もよく分かるんですよ。新人ってまだまだ慣れていないので、風俗嬢になりきれていないというか。そのフェチがいるのもよく分かりますし、自分もこの前その気持ちが分かりました。相手に指名したEさんはまだまだ新人だったようですけど、一生懸命頑張ってくれて良い意味で新人らしさをあまり感じさせない女の子だったんです。だからこっちもあまりあれこれ意識するのではなく、普通に楽しんでいたんですけど、最後にお口に出した時にまだまだ慣れていないのか、少し苦しそうな顔をしたんですけどそれがリアルでしたね。